放射性物質濃度等測定結果について

2017年11月21日

第一工場ごみ処理施設の放射性物質濃度

 

◆放射性物質濃度の測定結果について

 

東埼玉資源環境組合では、東京電力福島第一原子力発電所の事故による越谷市、草加市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町の5市1町管内の一般廃棄物処理における影響を確認するため、ごみ焼却処理施設から発生する飛灰・焼却灰・スラグ並びに排水の放射性物質濃度の測定を行っております。

 

なお、組合では、管内住民の方々の安全・安心のため、随時、放射性物質濃度の測定を行い、その結果を公表しています。

第一工場に関する詳細は、 第一工場業務課(TEL:048-966-0123)にお問い合わせください。

最終処分場の放射性物質濃度等

 

◆最終処分場の放流水等の調査義務等について

 

特措法により、最終処分場の放流水および周縁地下水の放射性物質濃度については、調査義務と国への報告義務があり、また、放射線空間線量については維持管理基準があります。

そのため、放流水等の放射性物質濃度の測定については毎月測定を行います。

また、放射線空間線量の測定については毎週測定を行い、放射性物質濃度と合わせてその結果を公表しています。

 

 

放射性物質濃度および放射線空間線量の測定結果について

 

最終処分場の放流水、周縁地下水に含まれるセシウム134、セシウム137の測定を検査機関に依頼し実施しています。また、放射線空間線量の測定は組合職員が実施しています。

最終処分場に関する詳細は第二工場業務課(TEL:048-936-1251)にお問い合わせください

 

せん定の放射性物質濃度等

 

◆せん定枝及び刈り草の放射性物質の測定結果について

 

堆肥を安心して購入していただくため、製品ごとに、放射性物質濃度の測定を行います。

 

放射性物質濃度の測定結果について

 

堆肥化施設では、せん定枝及び刈り草に含まれるセシウム134、セシウム137の測定を検査機関に依頼し実施しています。

堆肥化施設に関する詳細は第一工場業務課(TEL:048-966-0124)にお問い合わせください