環境方針

2015年09月02日

1 基本理念

 

 東埼玉資源環境組合は、ごみとし尿の適正処理に努めるとともに、持続可能な循環型社会の実現をめざして、管内住民、事業者、構成市町と協働し、ごみの減量化や資源化などの対策を推し進めてまいります。

 そのため、環境マネジメントシステムを活用し、ここに環境方針を定めます。

 

2 基本方針

 

(1) 東埼玉資源環境組合の事務事業が環境に負荷を与えていることを認識し、環境目的および環境目標を定め、継続的な改善と汚染の予防に努めます。

 

(2) ごみの減量とリサイクル、省資源・省エネルギー対策などを地域社会との調和を図りながら、管内住民、事業者、構成市町と協働により推進します。

 

(3) ごみ焼却の際に発生する熱エネルギーの有効利用に努めます。

 

(4) 環境に関する法令および協定などを順守します。

 

(5) 環境意識の高揚を図るため、環境学習等の場として施設の活用を推進します。

 

(6) 施設の更新、改修にあたっては、環境負荷低減を考慮の上、推進します。

 

(7) 全職員が環境方針を自覚し、環境に配慮した活動を実践できるように教育・研修を実施します。

 

(8) この環境方針は、全職員および取引業者に周知するとともに、環境マネジメントシスムに基づく活動状況を内外に公表します。

 

 

   平成27年9月1日

                  東埼玉資源環境組合管理者 高 橋   努 

お問い合わせCONTACT

計画課 計画財政担当

電話 048-966-0617