(仮称)汚泥再生処理センター建設・運営事業の概要

2016年03月28日

 当組合では、現在の第二工場し尿処理施設の更新に伴う、「(仮称)汚泥再生処理センター」の建設事業を進めています。
 新施設の建設については、関係法令、条例等の技術基準等に準拠し、処理水質の向上はもとより周囲の環境保全に努めるとともに、処理施設としての美観や作業性を考慮したコンパクトな施設の建設を行ってまいります。また、施設から排出される脱水汚泥の助燃剤化を行い、循環型社会の形成を実現する施設として運営を行ってまいります。
 なお、本事業については、進捗状況に合わせて随時お知らせします。

 

(仮称)汚泥再生処理センター建設・運営事業の概要

事業名 (仮称)汚泥再生処理センター建設・運営事業
事業場所 八潮市大字八條700番地
事業期間 建設:平成28年3月28日から平成30年3月31日まで
運営:平成30年4月1日から平成45年3月31日までの15年間
敷地面積 25477.4m2
建築面積 約1,500m2
延床面積 約3,100m2
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地下1階、地上2階
最高高さ 約16m(地盤面からの高さ)
施設規模 235kL/日
処理方式

固液分離+水処理方式

水処理方式:担体処理+標準脱窒素処理  処理後下水道放流

資源化方式 助燃剤化方式
受注者

建設:クリタス・松村組特定建設工事共同企業体 ※1

運営:東埼玉資源化サービス株式会社 ※2

※1 株式会社クリタスと株式会社松村組とのJV(特定建設工事共同企業体)

※2 (仮称)汚泥再生処理センターの運営事業を行うためにJVより出資・設立された

        特別目的会社(SPC)